logo バイオチューニング

生体エネルギーのバランスを整えます

logo バイオチューニングでは、生体の細胞、臓器などの鋳型である生体エネルギーに共鳴し健康に導くとされる生命の音とその人の能力を高めるのに必要な音を合わせたlogoという特殊な音の組合せを使います。その音をアプリケータという一種のスピーカーとLEDライトを使い、水を媒介として、その変化する音と光を“生体に聞かせます”。その適用によって一人一人に合わせ選ばれた振動エネルギーを、音や光として細胞や臓器の深層部に、またその鋳型である生体エネルギーに作用させ、エネルギーの乱れを調整します。一種の振動での調律です。その変化を伝える手段として音、光、水、電磁気などの変化する媒体を使います。
 * E-Ma (Evolutionary-Manners) Sound BIOTuning

logo バイオチューニングを受けるにあたって

logo バイオチューニングは、元々健康な体が出している振動音を使うので、痛みなどの苦痛を伴いません。また、流している音は、人が聞くことが出来る可聴音(20Hz~20,000Hz)の低い領域のみを使用しており、光もLEDライトの瞬くものですので、とても安全です。 logo バイオチューニングを受ける際には、時計、アクセサリー、ベルトなどの金属類を身につけていると、音を反響させてしまうので、外していただきます。また、眼鏡なども外していただきます。 施術では、筋肉の硬さや音の伝わり方を確認するため、体に触れることがありますので、ご了承ください。施術中、体がリラックスしてきて、眠くなることがありますが、そのまま眠られて構いません。また、細胞が本来の自身の音を思い出し、取り戻す際に、何らかの反応が見られる場合があります。これは、体が本来の状態に戻る過程で、体がより良い状態に移るときに、見られる現象と理解していただきたいと思います。

 水、光と音超健康法は、元々健康な体が出している振動を流すだけなので、痛みなどの苦痛を伴いません。また、流している音は、人が聞くことが出来る可聴音(20Hz~20,000Hz)の低い領域を使用しており、光もLEDライトの瞬くものですので、とても安全です。 水、光と音超健康法を受ける際には、時計、アクセサリー、ベルトなどの金属類を身につけていると、音を反響させてしまうので、外していただきます。また、眼鏡なども外していただきます。 施術では、筋肉の硬さや音の伝わり方を確認するため、体に触れることがありますので、ご了承ください。施術中、体がリラックスしてきて、眠くなることがありますが、そのまま眠られて構いません。また、細胞が本来の自身の音を思い出し、取り戻す際に、何かしらの反応が見られる場合があります。これは、体が本来の状態に戻る過程で、体がより良い状態に移るときに、見られる現象と理解していただきたいと思います。